良いデザインの家

賃貸物件を借りる

寄り添う夫婦

賃貸物件のメリットは、まず、初期費用が少なくて済みます。最近では、敷金、礼金すらかからない物件も存在しています。また、固定資産税や都市計画税も、すべて管理費から支出されるので、別に払う必要はありません。 そして、自分の状況に応じて、自由に引っ越しが出来るため、家族が増えたり、勤務先が変わったりといったような、ライフスタイルの変化にも対応しやすいと言えます。 デメリットとして、家賃を払い続けても、自分の資産にはならないという点です。 住んでいる限り、ずっと、家賃や更新料、駐車場代などを支払わなければいけません。 また、ファミリー向けの広い賃貸物件になると、物件数が少なく、賃料も割高になる傾向があります。

最近では、家を購入せずに、一生賃貸物件で生活をするという選択をする人も少なくはありません。 それには、賃貸物件ならではの、メリットがたくさん存在するからだと考えられます。 賃貸物件の場合は、共有部の修繕費は、全て毎月家賃とともに支払う管理費や共益費に含まれているので、自分でメンテナンスをする必要がありません。管理費や共益費は、そこまで高くはないため、それでメンテナンス費用いらずとなるのは、賃貸の特権です。 また、駅近の物件が多いのも人気の理由です。 また、引っ越しが自由に出来るため。飽きたら、常に築年数が新しいマンションに引っ越しする、という選択肢も可能になります。 そういった事を魅力として、一生賃貸での生活を選択する人もいるのでしょう。