良いデザインの家

手数料の必要性

話し合い風景

不動産の売買が成立した場合において、不動産仲介業者が介在する場合には、その仲介業者に仲介手数料を支払わなければなりません。仲介業者の仕事は「仲介手数料を稼ぐ」ことですから、「仲介手数料無料」では商売が成立しません。では、「仲介手数料無料」はなぜ成立するのでしょうか。 あなたが、中古の一戸建て住宅を購入する場合を考えてみましょう。その中古住宅の情報はどこから入手しましたか。多くの場合、仲介業者からの紹介ではないでしょうか。もしも、その仲介業者から物件情報を紹介してもらえなければ、あなたがその物件と巡り合うことはなかったのです。 したがって、その一戸建て住宅の売買契約が成立した場合には、ある意味「御礼」として仲介手数料を支払うのです。もし、「仲介手数料無料でよろしく」と仲介業者にお願いすれば、その仲介業者は「仲介手数料無料ならば物件紹介する意味はない」として、あなたに物件を紹介することはないでしょう。

では、仲介手数料を無料化できる場合とはどのようなケースなのでしょうか。 それは、あなたが「不動産の売主」となるケースです。 仲介業者としては、売主からも仲介手数料を欲しいところなのですが、売買契約が成立しない限りは仲介手数料をもらえません。したがって、「売主からの仲介手数料を無料」にしてでも、不動産の売主であるあなたと「専任媒介契約」を締結しておいて、不動産売買契約成立に持ち込みたいのです。 仲介業者にとっては、売主からの仲介手数料をもらうことができなくなりますが、買主からの仲介手数料はもらえるため、「仕事にはなる」わけですね。他社の仲介で契約を決められてしまえば、報酬は「ゼロ」になるわけですから、「ゼロ」よりはマシというわけです。 あなたが不動産の売主になる場合、仲介業者に対して「仲介手数料無料でよろしく」と打診をしてみるのも「アリ」かもしれませんね。